お茶、ご返礼品、ギフト商品、お香典返し、こだわりのおいしい緑茶は一菱製茶株式会社

  • 一菱製茶 地図・アクセス
  • 一菱製茶 製品のご紹介
  • 一菱製茶 おいしいお茶の淹れ方
  • 一菱製茶 法事の心得
  • 一菱製茶 採用情報
法事の心得
仏式の場合

ご逝去
お通夜
葬儀・告別式

精進落とし
葬儀をひとまず終えたところで、お世話になった僧侶や世話人・親戚知人などに感謝の思いを込めて食事などのおもてなしを行います。
(ご逝去の日を含めて6日目)

初七日
近親者と親しい人で供養します。
後飾りはより簡略にします。

二七日
三七日
四七日
遺族だけで供養することが多く、省略する場合もあります。

忌明け法要
五七日忌(三十五日)
または七七日忌(四十九日)
僧侶を招いて法要を行い、簡単な祭壇もとりかたづけ、近親者と親しいひとで供養します。
法要後は招いた人をおもてなしします。

新盆(初盆)
生霊棚を飾って供養します。また、亡くなって四十九日たたないうちにお盆を迎える場合や、四十九日から幾日もたたずにお盆を迎える場合には省略するのが通例のようです。
なお、白い提灯を飾るしきたりがあります。

百ヶ日
一周忌
三回忌
僧侶を招いて読経をしていただき、より丁寧な法要を行います。参会者一同焼香後、墓参りをします。
近親者とごく親しい人をお呼びし、法要の後心からのおもてなしをします。

忌明けの法要・お香典返しの準備

お香典返し
お香典返しは、故人に関する一切の弔事がとどこおりなく終えたことをお知らせするとともに御礼の意味があります。

忌明け・お香典返し時期
仏式―仏式では、なくなった日から数えて四十九日まで七日ごとに法要をいとなみます。初七日、二七日忌、四七日忌、五七日忌、六七日忌、七七日忌の順になります。本来ですと七七日忌とされていますが、最近では五七日忌(三十五日)を以って忌明けとされることがおおいようです。

神式―神式では、葬儀の翌日に行う翌日祭と10日ごとに十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、五十日祭を行います。三十日祭、五十日祭で忌明けとなり、仏式に準じた諸行事を行います。

キリスト教式―キリスト教では、特に決まりはありませんが、カトリックでは3日目・7日目・30日目に教会で追悼ミサを行い、プロテスタントでは召天後1週間 から10日目または1ヶ月目に記念祭を行います。

お墓参り
法事の後、祥月命日、春・秋のお彼岸、お盆、暮れにお墓参りをします。水桶、柄杓、たわし等を用意し墓石・墓地をきれいにしたところで、花を供え、線香をくべます。
拝礼の前に墓石に水をかけるのは、仏様に飲み水を差し上げるという真心からです。

お位牌についてお位牌は納骨式の後は白木から黒塗りの物に取り替え、ご自宅に祀るのが一般的とされています。したがいましてお位牌はお早めにご用意なさってください。

★地域により一部異なる場合もございますのでご了承下さい。